必要性を考える

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

以前は、結婚が決まった男女は婚約指輪を購入する事が当たり前のように考えられていました。結婚する前の男女は、法律的には何の縛りもありません。その為、結婚の約束をしましたよという事実を形にする為に婚約指輪があると言われていました。また、結納などをする場合にも婚約指輪を贈る事によってお互いに物を渡して形式的な形を取ると言う考え方もあったのでしょう。

ですが、最近では婚約指輪を買わない方も多くなってきています。結納などをしない場合も多く、わざわざそこにお金をかける必要は無いと考えている方も居るのです

確かに、結婚にはお金がかかります。法律的には紙に名前を記入する事で結婚をする事が出来ますが、それ以外にも結婚式や新婚旅行・引っ越しなど人によって様々なお金がかかります。その為、限りあるお金を有効に使用する為にも、婚約指輪を購入しないケースもあるのです。

お互いが納得して、婚約指輪を購入しないというのであればそれもまたいいでしょう。ですが、もし少しでも女性側が欲しいと思って居たり男性が送りたいと考えている場合には、その気持ちを無下にしてはいけません。

金額は問題ではないので、お互いが気に入るものを記念として購入してみてはいかがでしょうか。

お金が全てではない

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

結婚は多くの女性の夢がつまっています。その為、結婚が決まった時点であれもしたい。これもしたい。と多くの考えが浮かぶ事でしょう。様々な事を夢見る事は本人の自由です。好きに色々想像し、楽しむ事も良いでしょう。ですが、現実はそう優しいものではありません。

結婚式・新婚旅行・引っ越しなど、全てを理想通りにしようと思えば、お金がいくらあっても足りません。大会社の社長との結婚であれば、全てが思うようい行く事もあるかもしれませんが、大概の場合はまだまだこれからの若い男女の結婚でしょう。その為、出す事が出来る予算にも限りがあります。自分がどれを一番重要視して、どこにお金をかけるかをきちんと考えないと後から後悔する事になってしまうかもしれません。

この際、一番削りやすい部分として考えられるのが婚約指輪です。婚約指輪は、一生使用する結婚指輪と違い大概の場合婚約期間しか使用されません。時々使用するにしても、結婚指輪よりは明らかに登場回数が少ないでしょう。その為、予算の関係で断念する人も少なくありません。

ですが、婚約指輪は値段ではありません。昔は給料3ヶ月分なんて言われていた時代もありますが、今はそこまでお金を出さずとも素敵なデザインを購入する事が出来ます。その為、全てを諦めるのではなく自分たちの出来る範囲の物を購入するという考え方も良いのではないでしょうか

参考リンク・・・ガラ OKACHIMACHI
15万円未満の婚約指輪の情報も掲載しています。

婚約指輪の予算

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日本には昔から、結婚が決まった女性は結婚するまでの期間婚約指輪と言うものをしていました。それをしている事で、『私は結婚を控えています』と言う事を周りにアピールする力もあり、いわば悪い虫が付かないようにするような意味もあったのでしょう。

婚約指輪を購入する事が当たり前となっていた時代には、立て爪と呼ばれる一つ石のデザインの指輪が人気となったり、多くの女性の憧れとなっていました。金額的にも、給料3か月分と言われており決して安い買い物ではありません。

しかし、今は時代が違います。そもそも、婚約指輪自体を購入する人が少なくなってきているのです。婚約指輪を購入する事は決まりではありません。使用する期間は、その後も使用する事が出来るとは言え婚約期間の間がメインと考えられています。その為、そこにお金をかけるのであれば結婚指輪や新居・結婚式にお金をかけたいと考える方が大勢いるのです。

婚約指輪を購入する事が当たり前だった時代から考えれば、今の風潮は少し寂しさもあるのかもしれません。しかしながら、今の若者たちはより現実的に結婚を考えているともいえるでしょう。限りある予算を有効に活用する為にも、自分たちが必要としない婚約指輪にお金をかける必要は無いのかもしれません。

もし、婚約指輪は欲しいけれど給料3か月分も出すのは・・・。と考えている方が居れば、金額を気にする必要はありません。給料3か月と言われて居たのは、あくまでも日本の景気が良かったころの話です。今はそんな時代ではないので、自分の出来る範囲の金額を出せばいいのではないでしょうか。