必要性を考える

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

以前は、結婚が決まった男女は婚約指輪を購入する事が当たり前のように考えられていました。結婚する前の男女は、法律的には何の縛りもありません。その為、結婚の約束をしましたよという事実を形にする為に婚約指輪があると言われていました。また、結納などをする場合にも婚約指輪を贈る事によってお互いに物を渡して形式的な形を取ると言う考え方もあったのでしょう。

ですが、最近では婚約指輪を買わない方も多くなってきています。結納などをしない場合も多く、わざわざそこにお金をかける必要は無いと考えている方も居るのです

確かに、結婚にはお金がかかります。法律的には紙に名前を記入する事で結婚をする事が出来ますが、それ以外にも結婚式や新婚旅行・引っ越しなど人によって様々なお金がかかります。その為、限りあるお金を有効に使用する為にも、婚約指輪を購入しないケースもあるのです。

お互いが納得して、婚約指輪を購入しないというのであればそれもまたいいでしょう。ですが、もし少しでも女性側が欲しいと思って居たり男性が送りたいと考えている場合には、その気持ちを無下にしてはいけません。

金額は問題ではないので、お互いが気に入るものを記念として購入してみてはいかがでしょうか。